PTC Mathcad Prime 8 の新機能

PTC Mathcad Prime は、非常に複雑な問題でも解決し、技術計算を共有できる業界標準の技術計算ソフトウェアです。PTC Mathcad Prime 8 では、技術計算機能がさらに向上しました。今回のリリースでは主に、アプリケーション、シンボリックエンジン、数値エンジン、ユーザビリティに関する機能が強化されています。

アプリケーションのアップデート

redef_warn

ユーザーからの要望により、アプリケーションレベルの機能にもいくつか重要なアップデートを行いました。

  • 変数、定数、関数など、ユーザーまたはシステムが定義した識別子が、ワークシートで再定義された際の警告表示を設定できるようになりました。この機能により、重要なパラメータの定義を知らないうちに変更してしまうという事態を避けることができます。
  • 演算子メニューに偏微分演算子が追加されました。偏微分を含む計算を定義できます。
  • 新しいフレーム表示機能により、ヘッダー、フッター、ページビュー境界を個別にオンにできます。
  • 前回のリリースで追加されたコンボボックスの入力制御のユーザビリティを向上するために、Prime 8 では複数の値のコピー、およびコンボボックスの編集モードへの貼り付けが可能になり、コンボボックスの入力制御の作成が簡単になりました。

シンボリックエンジンと数値エンジンの拡張機能

PTC Mathcad Prime シンボリックエンジンレガシーと最新の比較

Mathcad Prime 8 のシンボリックエンジンには、お客様のニーズを踏まえた多くの機能強化が含まれています。一般的な腫瘍の改良に加え、フーリエ変換、ラプラス変換、Z変換、およびこれらの逆関数など積分関数のユーザビリティや性能が大きく改善、拡張されました。2 つの修飾子が新たに追加され、正規化と振幅要素をフーリエキーワードを使用して操作できるようになりました。極限、積分、導関数などの微積分演算子も改良され、幅広いユースケースに対応しました。シンボリック結果の未定義変数の自動ラベリングを改善しました。

ユーザビリティのアップデート

PTC Mathcad Prime 7 車両重量のコンボボックス変数ドロップダウン
  • ワークシートが保存されていない場合にワークシートタブが表示されるようになり、このタブからワークシートを直接閉じることができるようになりました。
  • ワークシートを移動して、順序を変えることができるようになりました。
  • 各タブには右マウスボタンメニューが追加され、計算、タブの移動、ファイルパス名全体のコピー、含まれるフォルダーの開閉、各種タブを閉じるなど、便利な操作ができるようになりました。
  • テキストフォーマットのクリアコマンドや Ctrl + マウスホイールのズームなど、小さなアップデートもいくつかあります。

レガシーワークシートビューを HTML として保存

mathcad-html-worksheet

HTML として保存できる新しいオプションがレガシーワークシートコンバーターに追加されました。この機能により、PTC Mathcad のレガシーワークシートを PTC Mathcad Prime のフォーマットに変換する前にビューを作成し、変換後のワークシートで作業する際に必要に応じて参照できます。

Mathcad Prime 8 を初めてご利用になる場合

PTC Mathcad Prime コネクティングロッド計算エンジニアリングノートブック

PTC Mathcad Express をダウンロードする際に 30 日間フル機能オプションを選択すると、PTC Mathcad Prime 8 の製品版を 30 日間ご利用いただけます。

現在サブスクリプションをご利用のお客様へ

PTC Mathcad の最新バージョンに無償でアップグレードできます。PTC の eSupport Portal にログインして、無償アップグレードを実施してください。